韓国語教室で効率の良い韓国語学習

世界で7500万人が話しているといわれているお隣り韓国の言葉を、韓国語教室で学んでみませんか。

最新の投稿

韓国語教室で効率の良い韓国語学習

韓国語教室で効率の良い韓国語学習 全世界で7500万人が話しているといわれているお隣り韓国の言葉。韓国での政府による呼称は「韓国語」で、北朝鮮での政府呼称は「朝鮮語」となっています。日本において「韓国語」は韓国の言語を指す呼称として用いられる一方、南北を区別しない呼称としては学術的にも一般にも「朝鮮語」と言う呼び方が使われています。一般的な学術分類上においては、韓国語は孤立した言語と見なされることが多いようです。しかしアルタイ諸言語との関係性や日本語との関係性にちうて議論の的となることも多く、学者によっては、日本語と一緒にアルタイ諸言語含めることもあるようです。

日本語とは文法上の語順が似ていることや、使われいる単語の多くに日本語や漢字由来のものが多いことから、英語や中国語といった他の言語よりも、日本人にとっては学びやすい言語であると言えるでしょう。ハングル文字も、知らない人にとっては何がなんだかよくわからない記号の羅列にしか見えませんが、これも非常にシンプルに体系化されているため、基本ルールさえ覚えてしまえば、簡単に発音することができるようになります。もちろんその言葉の意味自体は、根気よく覚えていくしかありません。

何かの語学を身に着けるためには一般的に2〜3000時間を要すると言われています。モチベーションを維持するためにも韓国語教室等に通うと良いでしょう。